FC2ブログ

華麗なるあじしおくん戦記

オンラインゲームとかPS3とかDSとかのプレイ日記とか 根拠無しに無責任にフィクションをさも実話のように語るので、自己責任でご利用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バッファ棒2 改造手順

バッファローコクヨサプライ USBアーケードスティック PC/PS3対応 13ボタン ブラック BSGPAC02BK セイミツ化改造手順

レバー交換がより簡単になったのを売りとして売り出された「BSGPAC02BK」通称「バッファ棒2」の改造手順です。
基本的にバッファ棒1と異なる点のみ手順を説明していきます。


○バッファ棒2と1の違い

・レバー
2:ケースの改造無しに取り付け可
1:ケースの改造が必要

・ボタン
2:打鍵音は静かになったが使うのに耐えられないほど重いボタン。
1:打鍵音はカチャカチャとうるさいマイクロスイッチ風感触のスイッチ。

ここが大きな違いで、それ以外はケースのデザインが四角い弁当箱風ケースから角を斜めに切り落としたデザインに変わってたり、表面処理の質感やケース精度、中身の配線のクオリティーが1から低下してるように思われます。


○材料
バッファ棒を業務用パーツに交換するために材料を準備。

アマゾンにネット注文
バッファ棒BSGPAC02BK x1
3,050円ほど


今回は千石通商でレバーパーツのみ購入して来ました。
・ジョイスティック LS-32-01(SSベース、レバーボール緑)x1 1,390円

ホームセンターで購入
特になし

○道具
改造に必要な道具を揃えます。(全てほぼ必須)

・半田こて
・半田
 1,000円ぐらい。大抵セットで売っています。
・半田吸い取り線
 300円ぐらい。無くてもいけますが苦労します。

・+ドライバー
・-ドライバー
 一本200円ぐらい。

・ニッパー
 一個300円ぐらい。

・接着剤
 100円。

・ビニールテープ
 ボタン色と近い色が理想。


○改造手順
※バッファ棒1の改造と比べて簡単ですが、失敗したら一度でゲームオーバーになるようなポイントがあるので落ち着いて作業してください。時間的には1時間掛かります。


①スティック取り付け

(1)ケースを開ける
スティックの裏のネジを外して、裏蓋を取り外します。
ネジがなくならないように注意。
DSC00205.jpg

(2)バッファ棒のレバーボールを外す
スティックレバーの底にあるマイナスネジみたいな切れ目にマイナスドライバーを入れて、レバーボールをまわしてレバーボールを外します。

(3)スティックを外す
バッファ棒スティックのベース6箇所についてる黒いネジを外すと、スティックが外れます。
外したら、配線の先についているコネクターを外します。このネジはセイミツスティックの取り付けに使うので無くさないように注意。

(4)セイミツスティックの分解
バッファ棒スティックのレバーボールを外した要領でレバーボールを外します。

(5)セイミツスティックの位置あわせ
バッファ棒のケースは簡易金型を使って作られていると思えるほど制度が悪いので、物によってはセイミツスティックが簡単に取り付かない物があります。

セイミツスティックを乗せてそのまますんなり載るようなら問題ないのですが、ケースの精度が悪くてそのまま取り付かない場合があります。左右に3つ縦に並んでるネジ穴の真ん中が少し外側に位置してるような気がします。
その位置ずれが1mm以下程度なら、レバーボールを外したセイミツスティックを「少し力任せ」程度の力で押し込めば取り付けることが出来ます。ただし、ズレがそれ以上の場合はベース金具を削るなり、真ん中の穴のガイド部を削るなりの改造が必要と思います。

取り付け穴の支柱を折ってしまった場合は接着剤で修復するか、バッファ棒1の取り付け方法と全く同じ方法をするしかなくなりますので、力加減には注意してください。


(6)ネジ止め
ベース板を先ほど取り外した6個のネジで固定して、取り付け完了です。
ネジの緩み防止に軽くネジとベース板の間に接着剤を塗っておくとネジの緩み防止になります。
DSC00221.jpg


②セイミツスティックの配線
配線基板側
DSC00221.jpg
DSC00220.jpg
バッファ棒スティックの配線コネクターの裏側に半田付けで配線します。
コネクター配線の色の配列が画像と同じならばバッファ棒1改造の時と同じく
配線は左から赤黄緑黒橙です。


③ボタン交換
※今回は予算の関係で交換していませんのでバッファ棒1の交換記事を参考にしてください。


④完成
(1)動作確認
ふたを閉める前に動作確認をします。

PCかPS3に繋いで各レバーとボタンの入力がちゃんと出来るか、方向や位置が間違えていないか実際にソフトを動作させて確認してみます。

(2)ふた締め
問題なければドライバーでふたを締めて完成です。
DSC00222.jpg


お疲れ様でした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
ご質問をさせて頂きます。
バッファ棒に配線されているハーネスと、購入したハーネス(ls-32-01)の配線を繋ぎ合わせる事って出来ますでしょうか?
もし、配線できるようであるならば、色の組合せ等も教えて貰えれば幸いです。

| URL | 2012-02-03(Fri)17:02 [編集]


Re: タイトルなし

> こんにちは。
> ご質問をさせて頂きます。
> バッファ棒に配線されているハーネスと、購入したハーネス(ls-32-01)の配線を繋ぎ合わせる事って出来ますでしょうか?
> もし、配線できるようであるならば、色の組合せ等も教えて貰えれば幸いです。

バッファ棒の基板のコネクターのメスに、購入したハーネス(ls-32-01)を挿入すると言うことでしょうか?
その場合は圧着端子工具と言う、特殊な工具が必要なので一般人には無理です。


「半田付けしないで、線を配線する」と言うことならば、バッファ棒のスティックから出てる線と接続させれば出来ます。

バッファ棒1と2で配線の配色が違うので大雑把な説明になりますが、

-------------------------------
コントローラーの白いスティックコネクターから一番長い距離(たぶんバッファ棒スティック側)になるように線を残して切断する。

バッファ棒1の場合は基板をネジ止めしたままの状態でコネクター裏側から見て残った線は
左から見て「紫、緑、白、赤、黒」 の配置になってるはず。

バッファ棒2の場合は基板をネジ止めしたままの状態でコネクター裏側から見て残った線は
左から見て「橙、黄、紫?、赤?、黒」 の配置になってるはず(だけどデジカメ画像の色が変で自信なしw)。


この線に、LS32-01のコネクターの線を、
左から順に「赤、黄、緑、黒、橙」と接続して配線すれば動作するはずです。
-------------------------------


ぶっちゃけた話、この説明で解らない場合は素直にホリから出てる13,000円ぐらいのアーケードスティック買ったほうがトラブル無くいいと思います。

あじしおくん | URL | 2012-02-03(Fri)19:53 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。